La vie est belle! 2

日記ではなく 気の向くまま 思いつくままに 書きたいことを書いてます


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でこんなこというのも変ですけど


私がスティールパンを演奏しているときの笑顔を
褒めていただくことが、たびたびあります。

実はすっごく変な顔で写っている写真も多いんですよー


スティールパンの演奏は、実際とても楽しいです。

でも、笑顔については
私… 心がけてるんです。

できるだけずっと笑顔で演奏しようって。

その理由のひとつに
私が真剣な顔をしてパンを叩いている姿が
とってもブサイクだと気付いたからです(笑)

だから、なるべくそういう顔は見せるまい! …と。


他の理由としては
笑顔で演奏していると楽しくなるからなんです。
あと、それを見ている人も楽しくなってくれるそうです。


テレビでやってました。

「楽しいから笑顔になる」
それは普通に知られていることだけど

「笑顔を作ることによって楽しい気分になる」

笑顔にはそういう働きがあるそうです。


それから
難しいフレーズほど笑顔で叩く。
これも心がけています。
そのほうが、なんとなくいいんです。


これまたテレビで見たんですが、
走ることが得意でない児童に笑って走るように指導したら
ふつうに走るより速く走れるようになったそうです。

笑うことによって、体がリラックスして
力んで走るより速く走れるんだとか。


「あー!これだ」って思いました。

これは走ることだけじゃない。
パンの演奏にも、他のことにも当てはまるなーって。

私が笑顔を心がけて演奏していたのも
実はちゃんと意味のあることだったんだーって。


みなさんも、いかがですか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。