La vie est belle! 2

日記ではなく 気の向くまま 思いつくままに 書きたいことを書いてます


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おととい、左手の小指を
うっかり切ってしまいました。

今までになく、ザックリと。

傷口写真を載せるなんて悪趣味ですこと…苦手な人は見ないでねー(笑)

「やっちまったなー」

って思いました。

傷口は浅いですけど、
まるでスパッと切り落としてしまったかのような
衝撃を受けました。

「うわ~ うわ~ これって病院行って縫ってもらわないとダメ?」

なんても考えました。

血は思ったよりたくさん出なかったけど
その傷口の恐ろしさからか、
上半身からどんどん血の気が引いていく感じがして
軽くめまいがして、気持ち悪くなりました。

うー こんなの初めて。
急性貧血?そんなのあるのか?


小指って、意外と神経が行き届いてないというか
無意識な部分があるというか、なんですねぇ。
え?私だけですか?
包丁を勢いよくストンとおろした先に
まさか自分の指があろうとは…

幸い、小指だったので
スティールパンも叩くことができました。
止血して絆創膏貼って落ち着いたら、まず最初に試してみたよー
人差し指や中指だったら、たぶんマレットが持てないと思うので
小指でよかったー
もちろん痛みはありますけどね。

翌日、絆創膏をはがしてみたら
傷口がくっつきかけているように見えたので
ちょっとホッとしました。
写真はそのときに撮ったものです。
そんなの載せるなって?(笑)



それから、私はもう何年も えせ左利きピープル として
左手でお箸やスプーンなどを持って食事をしてるんですが
今回その左手をケガしたにもかかわらず、
やはり変わらず左手で食べてます。

そればかりか、
「左手でお箸が持てなくならなくてよかったー」
って思いました。

ヘンなの(笑)

本来の利き手じゃないんだから
ケガをしたときくらい、
「おー!久しぶりに右手で食べられるー!」
って喜んでもいいはずなのに。


不思議なんですけど、
長年左手で食べていると
今では右手で食べると違和感があるんです。

決して食べにくいわけじゃないです。
右利きなんですもの。
お箸の使い方は、やはり今でも右手のほうが上手です。

でも、なんだかヘンなの。
右手でお箸を持ってそれを口元へ運ぶという動作が
「なんかちがうぞー!」
って思ってしまうんです。

おもしろいですよね。


あー 今日は長々と書いちゃった(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。