La vie est belle! 2

日記ではなく 気の向くまま 思いつくままに 書きたいことを書いてます


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、思いついたクラシック曲を
スティールパンで叩いてみる… というのをよくやっています。

この前の チャルダッシュ もそうだけど(笑)


メロディを知っている曲は、楽譜を探すよりも
まず自分で音を探して叩いてみる。
そういうのも、まぁちょっとした練習になるかなー
なんて思ったり、思わなかったりで。

昨日、たまたまテキトーに叩いて遊んでいたフレーズが
「あ!これはショパンの子犬のワルツの最初の部分だ」
と思ったので、子犬のワルツをやってみることにしました。

メロディはなんとなく覚えてて、なんとなく叩けて
調もきっとこんなんだったろう。
うん、こんなんだったにちがいない!と
ほぼ確信してました。


それで今日、ネットで子犬のワルツの楽譜を探してみると…


子犬のワルツ~♪


本当の調は私がやっていたニ長調(#が2つ)よりも
ちょうど半音低い変ニ長調(♭が5つ)でした。

惜しい!


絶対音感なんて 絶対にない 私の音感は
まぁこんなもんでしょう(笑)

だいたいのメロディは移動ドで聞こえてくるし。



ところで、ニ長調だと簡単に叩けたフレーズが
変ニ長調だと手が難しくなっちゃったので
オリジナルの調で叩くのはあきらめました。

ニ長調だと、変ニ長調よりちょっとだけ明るい感じがします。


スティールパンでクラシックって
けっこう楽しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。