La vie est belle! 2

日記ではなく 気の向くまま 思いつくままに 書きたいことを書いてます


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のバイト先は

私の舌はでっかいですなぁ~(笑)


時給はそこそこ良いです。

まかないが付いてます。
しかも自分が食べたいお料理をリクエストできます。

通勤は便利だし、交通費も出ます。

スタッフは1人を除いてみんなイイ人です。

中国語の勉強ができます。

接客は楽しいし、なじみのお客さまもできてきました。

最初から平日ランチタイムのみの募集だったので
飲食店なのに、土日は堂々とお休みできます。




こんなもんかしら?

働く条件は悪くないです。全然。
むしろすごくいいかも。




でも…


友達や知り合いには絶対に勧められなくて
むしろ「絶対来ないで!」っていわなきゃならないようなお店で
お客さまには心の中で謝らなきゃならない。

のれんをくぐろうか、どうしようか迷ってるお客さまに
「よそのお店に行ったほうがいいよ」ともいえず
笑顔で迎えるしかない…
これもお金のため。

実態がどんなに最悪か
なにも知らないで、おいしそうにお食事をされるお客さま
「おいしかったわ」っていってもらって
「ありがとうございます」って最高の笑顔を返す

なんという罪悪感。

先日、近所の商店街の靴屋のおじさんと会話する中で
私のバイト先の話になり
「中華料理が大好きだからお店を教えてよ。食べに行くから!」
といわれ、後日お店の名刺を渡して
「わ~ ありがとう!絶対行くよ。明日行くよ。」
っておじさんにいわれたときの

なんともいえない罪悪感。



こんな気持ちで働くのが
なんともしんどいのです。

ほんとに。



そしてもうひとつ苦痛なことが。

いまどき、全席・全時間帯で自由に喫煙可能だなんて
まったく信じられません。
時代錯誤もはなはだしい。

お仕事だから我慢してるけど
プライベートだったら、一歩お店に足を踏み入れて
たばこの匂いがしたら…
速攻で出ます。

店長もたばこを吸います。
仕事の合間にも吸って、
吸いかけのたばこをバックヤードに置いてる。
クサイしけむいし、もうやだ。

そんなストレスと戦いながら
毎日バイトに行ってます。


もっと自分のためになり、
気持ちよく働けるところに変わりたい
とも思うけど…
条件的に、今のお店を辞めたら
もうこんなのは見つからないかもしれない…


なかなか難しいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。