La vie est belle! 2

日記ではなく 気の向くまま 思いつくままに 書きたいことを書いてます


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレの個室に入ろうとして
思わず叫んでしまったのが今日のタイトル。




昨日のことですよ。


バイト先の中華料理屋は
大雑把にいうと いわゆる雑居ビル の一角にあるんですが
当然のことながら
ビルの従業員用のトイレというのがあるんです。

バイトが終わって、そのトイレに入ろうとしたら
便座一面にキモチワルイほどの水滴がー!

お見苦しい写真を載せてすみません

写真、クリックすると大きくなるんですが
見てわかりますかねー?

そんなもん見てもしゃーないわー!
トイレの便座なんか見せるなよー!


って声が聞こえてきそう(笑)



不特定多数の人が利用する駅などの公衆トイレなら
こういうことがあっても
「腹立つわー!
というほどのこともないと思うんですよ。

迷わずその個室はやめて、
他に空いている個室を探して入ればそれでおしまいです。


でもそこは、同じビルで働く仲間が利用するトイレ。

その水滴の正体が何なのかはわかりません。
おしっこではなさそうな気がしますが
たとえきれいな水であったとしても
そういうことを平気でして、
知らん顔をして立ち去れるというその神経に

めーっちゃくちゃムカつきました



ちなみに女子トイレの個室は3つあって
洋式が2つと和式が1つ。

いまどき、和式のトイレを設置しておく必要があるのか
私にはよくわかりません。

便器の周りに飛び散って汚れることがあるし
汚れたら臭うし、そこを踏むのさえ嫌だし
ズボンの裾はまくり上げておかないと汚れた床に着くし
飛び散ったものが足(靴だけど)にかかる恐れもあるし
しゃがむと脚が疲れるし
お年寄りになると、しゃがむことが苦痛な人もいるというのに。


和式トイレの利点ってなんですか?

私はそこに洋式トイレという選択肢がある限り
よほど緊急なとき以外は
和式トイレには絶対入りません。





それでその後どうしたかというと

トイレットペーパーをいっぱい巻き取って
拭きましたよー 水滴を。

ご丁寧に便座を上げて、
裏側が汚れていないかチェックまでしました。

本当ならその上でアルコール消毒をしたかったけど
インフルエンザが流行っていた時期には置いてあった消毒液も
最近撤去されてしまい
なんでやねん!インフルエンザに関係なくそういうものは置いとけよー
ペーパーで拭いただけで終わってしまいましたが。


それでその個室を使ったら「偉いぞ自分!」
って思うんですけど…



拭くだけ拭いて

隣の個室に入った私。




まぁ、そんなもんですわ(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。