La vie est belle! 2

日記ではなく 気の向くまま 思いつくままに 書きたいことを書いてます


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日(火曜日)のお昼
ランチのピークも過ぎた2時前くらいでしょうか。
男女合わせて5人連れのお客さまがいらっしゃいました。

その中の1人の男性を見たとき
私は「あ、外国人のお客さまだわ」
って思いました。

体格が良くて、顔がとっても濃くて
そのへんのふつうの日本人とは
ちょっと違う雰囲気で。



しかし、

お水を出したり、オーダーを聞いたりというのは
他のスタッフがしたので
私は席に着かれてからのそのお客さまたちについて
特になにも気に留めていませんでした。



しばらくして、
バックヤードで店長がそっと囁いてきました。

「あのテーブルにいるの、俳優の T・HM・K だよ」




…って、

いやー まったくわかりませんでした。
気付いた店長エライ


T・HさんとM・Kさんはご夫婦で
しかも芸能界では、おしどり夫婦として有名らしいです。
最近はあまりテレビでお見かけしませんが。


いやー びっくりしました。
有名人も来ることあるんだ… うちの店(笑)

どうか、腹痛を起こしてらっしゃらないことを祈ります。



このブログ、絶対なにか画像を貼ることを
モットーとしているので
今日の私のまかないの写真でもどうぞ。

今日のは1人だけいる中国人のコックさんに作ってもらいました


ちなみに

私が「あ、外国人のお客さまだわ」
と思った人というのが、T・Hさんでした。


さて、誰だかわかります?(笑)
イニシャルは 姓・名 であらわしています

お友達がmixiに載せているのを見たのですが

あまりに歌と踊りがマッチしているのがおかしくて
1人でゲラゲラ笑ってしまいました。


よかったらみなさんもどうぞ



やばい…


また買ってしまった。

べつにこの著者のファンというわけではありませんよ(笑)

バイトが終わった時点で疲れているときほど
本屋さんの前を通ったときに
すぅーっと吸い込まれるように入ってしまうんですよ
店内に。


「見るだけよ」

って思っていたのに
しっかり2冊もお買い上げ。




この左側の本は
何ヶ月か前に本屋さんで平積みされているのをみて
パラ見して(中身をパラパラチェック)
あー 読みたいなって思ったけど
そのときは買わなかった本だったのです。

そのうちに、
読みたい欲が抑えられてきたというか
ちょっと忘れかけていたというか…
だったんですが

今日見たら、続編みたいなのと一緒に並んでいて
最初はどちらか1冊だけ買おうと思ったのに
どちらかを選べなくて
結局両方手にしてレジへ…


また未読の本が増えてしまった(笑)


さっきブクログに登録したら
ちゃんとブログパーツにも反映されて
この2冊が本棚に並んでいて、ちょっと感動。


てか、買ったけどまだ読んでない本が
25冊って…


どうよ?(笑)

本屋にはきっと魔物がいるよ~

また買ってしまったよ~

私はあまり怒らないほうだとは思うんですけど(笑)


まだ読んでいない本がたくさんあるのに
また買ってしまったよ~




学校の勉強は好きじゃなかったけど
でも、どうやら私

お勉強すること自体は
嫌いじゃないみたいです(笑)

お勉強といっても、ジャンルはかなり偏ってますが。


とりあえず読みたくて買ったけどまだ読んでいない
という本があまりに増えてきたので
ブクログ に既読の本もまとめて登録をして、
これから読む本だけを
ブログパーツとして左枠に表示してみました。

【Trinidad のお天気と時間】の下にあります。





とりあえず、

なんだか整理された感があって
満足じゃー(笑)

わたくし

生まれも育ちも京都府ですけど

他県の人が 京都 と聞いてイメージする、
いわゆる京都市には住んだこともなく


実は京都のことをなにも知らないかもしれない…

と思って、こんな本を読んでます。

おもしろおすえ~♪


たまたま本屋さんで見つけたから
買ってみたんですけど


めっちゃおもしろいです。




これを読んだら
ちょっとはまともな エセ京都人 になれるかも(笑)



タイトルはこの本の内容とは
関係ありません(笑)

もう10月も半ばだというのに



ひまわり見ると元気が出るね♪


ひまわりが咲いてますよ。
元気よく。

しかも、私の顔を覆えるくらいの大きさがあるから
けっこう大きいよ。



なんか よーわからんけど
がんばれ ひまわり

私もがんばる。





ところで、

左足ですが…


すごく痛いと書いていた翌朝

起きて、洗面所に立って顔を洗おうとしたら
痛くてなんだか立ってられなかったのと
すごーく眠かったのとで、

洗面台にもたれて、ぺたんと座り込んで
ちょっとうとうとしてました。

目が覚めたのはそれから1時間半後。
眠りの1サイクル、しっかり寝てました。
座ったままで。

そういうの、得意です(笑)


それで慌てて起きてからは
なぜだか不思議と痛みがやわらいでいました。

なんでしょうね?
「バイト行かなきゃ!」って気が張るからでしょうか。

びっこ引きながら料理を運ばなきゃならなかったら
どうしようー!
って心配していたけど、そんなこともなく
全然ふつーに働けてしまいました。

よかった。でもちょっとつまんない(笑)


そんな感じで、回復してきております。

そもそも、しばらくは痛みが少し残る(かも)という治療なので
まったく元通りではありませんが。



さーて、明日はやっと土曜日よ。
しかも今日はお給料日だったのよ。
わーいわーい!



うーん、今日の主題はなんだったんでしょう?
というような内容ですが、かんにんね。

さっき、秘密のケンミンSHOWを見ていて
びっくりしましたわ。

これが話題として取り上げられることにビツクリクリクリクリックリ!

大阪府民は
サバを味噌ではなく醤油で煮る!?




って、

へ? ふつうやけど
みたいな(笑)



大阪のおばちゃん「醤油」と即答!

ねぇ。

なんでそれが話題になるの?
みたいな。



うちは大阪府民じゃなくて
京都府民ですけども

子どもの時から、このお醤油味のサバしか
食べたことありませんでした。


いつだったか(たぶん大人になってから)
「サバの味噌煮」という料理があるのを知って
すごいカルチャーショックを受けた記憶が…


うちのママンは
サバの味噌煮なんて作ったことありませんでしたから(笑)




そして桂三枝さんがいってたコレ

「サバを煮る」って言葉がしっくりきません…私(≧_≦)

そうなんです。

「煮る」じゃなくて 「炊く」 っていうんです。


だから「サバの煮付け」じゃなくて

サバのたいたん

それが我が家での
いわゆるサバの醤油煮の呼び名でしたねぇ。



でも正直いって、
子どものころはその サバのたいたん
あまり好きではありませんでした

晩ごはんにハンバーグや餃子が出るとテンションが上がるけど
サバのたいたんが出ると、テンションダウン… みたいな(笑)

そうそう、特にサバの皮が苦手で
保育園の給食にサバのたいたんが出たとき食べられなくて
連絡ノートに「サバの皮が食べられません」
って先生に書き込まれたらしいです(笑)

わはは。

好きになったのは
大人になってからでしたねー

あ~ なんだか食べたくなってきた。
サバのたいたん



そしてそして

サバの味噌煮を初めて食べたのは
ケンミンショーで次長課長の河本さんがいってたのと同じで


サバの味噌煮缶詰でしたよ。
もちろん大人になってから。



っていうか、

缶詰以外でサバの味噌煮を
いまだに食べたことがないような気がしますー


誰か食べさしてー(笑)

いたーい

ふくらはぎが太すぎるぞー(笑)

7月に血管を抜く手術をした
その続きみたいなもので

今日は硬化療法というのを受けてきました。


夕方5時過ぎに施術してもらって
その帰り道、ちょっと痛いかなー?くらいだったのが
今はすごーく痛い(涙)

くるぶしの下あたりがとっても痛くて
そこに体重をかけられないので
普通にまっすぐ立てない…

かかとを浮かせて、つま先だけが床につくようにして
ようやく立ってられる感じです。
うー イタイ。



明日もバイトなのに

だいじょうぶかしら???




たとえばこれが小学生の頃なら
「わーい!明日も痛かったら学校休めるぞー!」
って思うのに、

そういうときって絶対
翌日には痛みがひいてなんともなくて
「はいはい、学校行きなさい!」
って母親に追い立てられるんですよね。


なので、

「明日もすごく痛かったらバイト休んでやるー
って思っていたら、絶対回復するはずだから

そう思っておきます(笑)

金曜日のバイトは苦痛でした。

うちの店、いまどき珍しく
全席で自由に喫煙可能なのです。

って話は前にも書きましたが。





あなた、ねぇ。

喫煙可能なお店で働いているのだから
タバコの煙なんて全然平気だと思っているかもしれないけど
こっちは我慢して働いてるのですよ。

そんなこと
知ったこっちゃないわ!
って声が聞こえてきそうですが。


タバコを吸う人だって
人の煙はイヤだっていうじゃないですか。

自分のたばこはカオルもの 人のたばこはニオウもの


オーダーを取りに行ったとき
空いたお皿を下げに行ったとき

あなたのタバコの煙が
私の顔を直撃しているのに
あなたは客として当然という態度で
平気でタバコを吸い続ける

煙の行方 本人だけが他人事だった

私は
あからさまに嫌な顔をしたり
煙を手で払うしぐさをイヤミったらしくしてやりたいのを
ぐっと我慢して、

でも少しだけ「うっ、けむい…」というのを
アピールするため
顔の位置を不自然にずらしたりしてみる。
せめてもの抵抗。



タバコなんて嗜好品だから
吸いたい人は吸えばいいですけど
他人に迷惑をかけないで吸っていただきたい。

1本吸い終わったらまた1本
ひっきりなしにタバコに火をつけて
吸っているあなたはさぞかし気分も良いでしょう。
ストレス解消にもなっているかもしれません。


あなた達が吸い続けたタバコのせいで
お店の空気が白くにごって
お店中がタバコ臭くて苦しくて

絶えられなくなった私は
何度かお店の外に出ました。

えぇ、喫煙可能なお店ですからね
どれだけ吸われたって
なにも文句はいえません。



でーもー

最近では随分ガマンができるようになったけど
タバコのニオイというのが
大っ嫌いです。
煙が近くになくても、ニオイがしたら苦痛です。

ただでさえ、油臭くなる店なのに
それにタバコ臭さがダブルパンチで
バイトが終わったあとの制服も髪の毛も
非常に臭くて最悪です。


そして

主流煙より有害物質の多いといわれる
副流煙を吸わされて
ほんとにいい迷惑です。

はー 金曜日は
もうバイトを辞めたくなりました。

そうね。
辞めたらいいんだわ。

喫煙可能なお店だってこと
最初からわかっていたはず。
それなのに、なんで働いているんでしょう。

だって、他に無かったんだもの。
それに、面接に行って始めてわかったんだもの。
そういうお店だってことが!






JTさんが
頑張ってマナー広告を作ってくれていますけど
タバコを吸う人は
あれをどういう風に見ているんでしょう?

結局、マナーに気付ける人だけが
マナーを守った吸い方をして
なんとも思わない人は
人に迷惑をかけていても平気で
この先もずっと変わらないのでしょう。




タバコなんて

一刻も早く
1箱3千円くらいに値上げしていただきたいものです。


以上、ぼやきでした。

愛煙家の方がいらっしゃったら
スルーしてください。

って、ここまで読んでスルーもないか(笑)

じゃあ
「見なかったことにしてください」

特にシリーズで書こうと準備していたとか
そんなんじゃないんですが…

たまたま、あったので書きます。
連続トイレネタですみません



ある珈琲屋さんのトイレのドアを開けて…



笑いました。



この衝撃の光景(おおげさか?)を1人で楽しんではいけないと思い、用が済んだ後でわざわざカメラを持ってもう一度トイレに入りました(笑)


いち、に、さん、し、ご、ろく… 6個
そんなたくさん消臭剤を置いとかなあかんか?(笑)

どんだけクサイねーん!(笑)




ここのトイレ、ドアを開けると
正面にまずこの消臭剤ドドーン!の洗面台があるんです。

そして便器はというと
左の奥のほうにちょこんとある(笑)
その空間といったら、まぁ広いこと広いこと。

あらまぁ~遠くにあること!

ちょうど2つ下に書いた恐怖の狭小トイレとは
両極端ですね。



でも、

このトイレに入ってすぐ思いました。

中に人がいるかどうかを確認するとき
ドアをノックしますよね。

ノックされた側は、たいていの場合
内側からコンコンとノックし返して
「入ってますよー」っていうことを伝えますよね。

たまに声を出して返事をする人もいますけど
声で返事をするのって結構恥ずかしいんですよねー


私もやっぱりコンコンって
ノックのし返しで返事をします。






でもそれ、

絶対できひんなー ここのトイレ(笑)



超長いマジックハンドとか、
置いといてくれな、ねぇ(笑)

トイレの写真ばかり載せてゴメンナサイ!(笑)


 
ふつうは、これくらいあるよ(笑)





 パソコンから追記 

 昨日の記事を書いたときは
 あまりにもそのトイレが衝撃的すぎて
 ちょっと冷静さを欠いていたようでございます

まず、よくある洋式トイレというのは、
ドアのほうを向いて便座に座るように設置されてますよね。
ところがココは横向き!斬新だわ。


こんなことを書いてしまいましたが


いやいやいや(笑)
ドアに対して横向きのトイレというのも
全然ふつうに見かけますよね。わはは。

どうもすみません。

バイト先の従業員用トイレも
パンヤード(スティールパンの練習場)のトイレも
そしてなんと、自宅のトイレも


おーまいがっ

よく見たら横向きでした(笑)


ドアを開けたときのインパクトがあまりにも強烈で
写真を見ながらブログを書くときも

なに? なにこれ? やっぱり変! 絶対に変!

と思ってしまったから
横向きは普通ではない って勘違いしちゃったんでしょうか(笑)


いやはや。失礼いたしました。

ドアを開けて まーびっくり

どどどうして?クレームは来ないのか?

まず、よくある洋式トイレというのは、
ドアのほうを向いて便座に座るように設置されてますよね。
ところがココは横向き!斬新だわ。

まぁ向きは良しとしよう。



しかーし

便座に腰をおろすのに、
立つスペースが狭い。明らかに狭すぎる!
膝を曲げるための空間の余裕が無い!

そして壁が目の前。
その圧迫感は半端じゃないよ。


って、こんな写真じゃ伝わらない?
実際に座ったところを撮ればよかった?(笑)


なんとか頑張って便器の前に立ち、
用を足そうと思いジーンズをおろしたら
ベルトのバックルが壁に当たって
ゴツン と本当に大きな音がしました。

ちょ… たのむわ
となりの個室にも人が入ってるっちゅーねん。


思い切り深く腰かけないと膝が壁につかえる。
おろしたジーンズは便器にすれる…
もし、便器が汚れてたらどうするんだー!


身長153cm弱の私でそんな状態なので
たとえば和田アキコさんとかね
ここを使うのは絶対無理だと思われー
まず来ないだろうけど(笑)



あるショッピングセンターのトイレです。

出来て何年たつのか知らないけど、
よくこんなのを使い続けてるもんだわ。
苦情は来ないのかしらねー?


劇的ビフォーアフターで取り上げてほしいくらいだわ(笑)

私のバイト先は

私の舌はでっかいですなぁ~(笑)


時給はそこそこ良いです。

まかないが付いてます。
しかも自分が食べたいお料理をリクエストできます。

通勤は便利だし、交通費も出ます。

スタッフは1人を除いてみんなイイ人です。

中国語の勉強ができます。

接客は楽しいし、なじみのお客さまもできてきました。

最初から平日ランチタイムのみの募集だったので
飲食店なのに、土日は堂々とお休みできます。




こんなもんかしら?

働く条件は悪くないです。全然。
むしろすごくいいかも。




でも…


友達や知り合いには絶対に勧められなくて
むしろ「絶対来ないで!」っていわなきゃならないようなお店で
お客さまには心の中で謝らなきゃならない。

のれんをくぐろうか、どうしようか迷ってるお客さまに
「よそのお店に行ったほうがいいよ」ともいえず
笑顔で迎えるしかない…
これもお金のため。

実態がどんなに最悪か
なにも知らないで、おいしそうにお食事をされるお客さま
「おいしかったわ」っていってもらって
「ありがとうございます」って最高の笑顔を返す

なんという罪悪感。

先日、近所の商店街の靴屋のおじさんと会話する中で
私のバイト先の話になり
「中華料理が大好きだからお店を教えてよ。食べに行くから!」
といわれ、後日お店の名刺を渡して
「わ~ ありがとう!絶対行くよ。明日行くよ。」
っておじさんにいわれたときの

なんともいえない罪悪感。



こんな気持ちで働くのが
なんともしんどいのです。

ほんとに。



そしてもうひとつ苦痛なことが。

いまどき、全席・全時間帯で自由に喫煙可能だなんて
まったく信じられません。
時代錯誤もはなはだしい。

お仕事だから我慢してるけど
プライベートだったら、一歩お店に足を踏み入れて
たばこの匂いがしたら…
速攻で出ます。

店長もたばこを吸います。
仕事の合間にも吸って、
吸いかけのたばこをバックヤードに置いてる。
クサイしけむいし、もうやだ。

そんなストレスと戦いながら
毎日バイトに行ってます。


もっと自分のためになり、
気持ちよく働けるところに変わりたい
とも思うけど…
条件的に、今のお店を辞めたら
もうこんなのは見つからないかもしれない…


なかなか難しいですね。

コメントが書き込める設定にはしていないので
どんな内容の記事に、どれくらいの反響があるのかが
まったくわからないのですが…

私のバイト先をネタにしたものが
意外とウケていることを知りました。

じわっとウレシイ(笑)



こちら、昨日のまかない
辣子鶏丁(鶏肉の唐辛子炒め)かけごはんです☆

「鶏の辛子炒めを辛さ控えめでお願いします」

といったのに、料理長は唐辛子(丸のまま)をたっぷり入れて
作ってくれました。
この写真は唐辛子を取り除いてから撮りました
赤いのは赤ピーマンです



嫌がらせか(笑)




書きたいネタはたくさん持ってるんですが
いざ書こうと思うと、時間がかかりそうで
すごくかまえてしまうので
なかなか手がつけられないのです。


そこで、今日聞いた
ちょっとしたこぼれ話をひとつ。




いつもランチタイムに一緒に入っている
中国系女子Aさんには、
今年中学1年生になった娘さんがいます。

その娘さんが、同級生のお友達と3人で
お店の近くまでお買い物に来ることがあったそうです。

それでそのついでに軽く食事がしたかったのでしょう。

「ママのお店に行ってもいい?」

って聞いてきたそうです。

中1の子どもだけで飲食店に入るなんて(しかも中華屋!)
私の中学時代では考えられませんでしたねぇ~(笑)





そこでママはなんと答えたか。





ダメ!お願いだからやめて!
お腹をこわしたらどうするの!!!





あは…


そんなお店で私

お客さまに心の中で「ごめんね」といいながら
働いています。

本屋さんでこんな本を見つけました。

本の情報を見る

ちょっと興味があったので立ち読みしちゃいました。



タイトルは バレエのなやみ

内容は、バレエを習っている人の悩み ということで
当然、バレエに関する悩みを相談されているのかと思いきや

中にはこんなのがあって、笑ってしまいました。



友達に「まちがってるよ」というには?

仲良しグループのうちの1人が、同じグループのコの悪口を言い始め
自分にも同意を求められた。
自分はそうは思わないことなのに、つい「うん」といってしまった。
本当は「そうじゃないよ」といいたいのに、
いつもそうやってウソをついてしまう自分がきらいです。


バレエ関係ないやん






親友とおなじ人を好きになってしまいました

いやいや(笑)

ほんとに全然バレエと関係ないやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。