La vie est belle! 2

日記ではなく 気の向くまま 思いつくままに 書きたいことを書いてます


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまらん話です。

誰かにぼやきたかったので書きます。
ダラダラと長いので、
読むのがめんどくさい人はスルーしてね





たまたま、うちにもらい物があったのがきっかけで
こういったアメリカ製のボディミストを愛用しています。

いい香りがするんですよー


ネットで調べているうちに、
個人でオークションサイトに出品されているのを見つけ
落札という形で購入しました。

実際に商品を手にするまでに、
いくつか出品者とメールのやり取りをしました。

その中で
「次回からは直接メールをいただければ
 商品をお送りしますよ」
といっていただいたので、

2回めからはオークションは通さずに
直接その方にメールで注文して購入するようになりました。


なにより、安いんですよ。
他のどこよりも。
それにとても親切で、感じの良い方だったんです。


それが…

絶交されてしまいました。



今年の5月にメールで注文をしてミストを購入したんです。
そのやり取りもとても楽しく、
商品が届くまでも実にスムーズでした。

ただ、届いたミストの香りが
それまで私が使っていたものに比べて
若干ちがう匂いが混ざっているように感じました。
ちょっとツンとした匂いで、
あまり好ましい匂いではなかったので
少し気になってしまいました。

しかし、それまで使っていたものというのも
開封して何ヶ月も放置した上で使い始めたものなので
もしかすると、最初はそういう匂いがしていたのかも?
という思いもあり、

そういうことも含めて
クレームという形ではなく、
とてもやんわりとした言葉遣いでそのことを伝え、
そういうケースもあるのですか?という質問として
お返事をいただきたいとメールしたんです。


そしたら3日経ってもお返事は届きません。
いつもこんなことはないのに…
4日めに「メール届いてますか?」と
様子うかがいのメールを送ってみました。

いつもお返事は早くくださる方だったので
もしかして何かのトラブルで届いてないのかも?
と思って。


そしたらその日のうちに、
ものすごく丁寧なお詫びのメールが届きました。

い、いや…
べつにクレームつけて「返品したい」とゴネてるわけでもないし
そこまでしてくれなくても…


と恐縮してしまうような内容でした。

香りについては、メーカーに実際に問い合わせをするのが
一番よいと思うと、電話番号も書いてくれてました。

いやー でも私
アメリカに電話して問い合わせができるほどの
英語力はないしー
べつにそこまでしなくていいしー(笑)
香りが変わることってあるのかな?って
ちょっと聞いてみたかっただけだしー


というのが正直なところでした。

それに、ミストはもういくらか使ってしまってましたし
開封してしばらくしたら、
少しツンとした匂いもおさまってきたような気もするし
もうしばらくすれば、また変わってくるかな?
と思ったので、そのまま使ってみようと…

そのことを伝えるメールをしました。

いやー そんなつもりでメールしたんじゃなかったし
かえってそちらに嫌な思いをさせてすみません


という気持ちをこめて。
お詫びの言葉もちゃんと書きました。


それについてのお返事は来ませんでした。

ま、しゃあないかー

と思ったものの

もしかしたらかなり気を悪くさせてしまったかなー
ものすごく気を遣ったつもりなんだけどなー


と、少し納得いかない気持ちも。

それから3日ほどして
ミストの香りも少し落ち着いてきたようだったので

---------------------------------------------
ペアグレースのミストですが
香り、大丈夫そうです。


お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>
---------------------------------------------


というメールを送りました。
でもやはりなにも返信はありませんでした。


まさかね、これくらいのことで
顧客リストから消されたか?



と不安になりましたが
あまり気にしないことにしました。

そして今月の半ば、また注文したくてメールを送りました。
もちろん、冒頭で丁重にお詫びしましたよ。
そのあとは、明るく、爽やかに、
自分としてはかなり気を遣って書きました。





何日経っても返事はきませんでした。


はぁ、そうですか。
私をクレーマーとでも思ったのか?
こういう客はまた文句をつけてくるにちがいないと敬遠したのか?

まぁね。ネットの世界って怖いですからね。
相手の素性もよくわからないし。
無理もない… というか、わからなくもないけど。

雑談も交えて、あんなに楽しくやり取りしてたのに。
ちょっとしたことで、態度激変なんですね。



はい。
私も勉強させていただきました。

って思うことにします。

ぶーぶー

ええ言葉やなぁ…



昔から、結婚式や披露宴などが苦手で
できれば友達の披露宴にも参加したくなくて
実際にほとんどしてこなくて

芸能人の結婚式や披露宴なんて
ほんとにどうでもええわ!
って思ってたんですけど…


見ちゃいましたよ。

本当にお似合いで、幸せそうで、感動してしまいましたよー

「いやいや私は ペケポン川柳王決定戦SP を見るのよ!」
って思っていたのにもかかわらず(笑)


そしてあらゆる場面で
感動して涙してしまいました。

やだー もう(笑)



最後、海老蔵さんのごあいさつの中で印象的だったのが
タイトルの言葉。

「愛をまっとうします」



シビレタわー


麻央ちゃん、海老蔵さん、
末永くお幸せに~

ヤダヤダヤダヤダ!

あー ヤダヤダ!


こんなお店、ほんとにヤダ


これ、うちの店で使ってるお冷やのピッチャーです。

これくらいのサイズじゃ、ピッチャーの汚れなんかもわからないですねー(笑)


以前、このピッチャーの内側に
黒いカビが生えていたり、
ピンクぬめり(ロドトルラ)が発生していたり
ということをこのブログに書いたことがありますが…

  その記事はコチラ  


これ、写真でわかりますかしら?

フタの部分は、ピッチャー本体の内側に差し込まれてるんですね。
なので、お水を注ぐときフタとお水は接触します。


それをふまえて

フタの、ピッチャーに差し込まれる部分を無造作に手でつかむ

フタの、ピッチャーに差し込まれる部分を下にして清潔でないところに置く

フタを床に落としたのにもかかわらず、洗わずにそのまま使う

こういった行為が、どういうことか
おわかりになりますか。



ま、平気な人にとっては
ぜんぜん平気なんでしょうね。

ノープロブレム! 没問題! モウマンタイ!



でも…

実際、汚いでしょ。
それダメでしょ。

そりゃ~ あんた
カビも生えますわ(笑)

そのピッチャーはめったに洗われないし。


なんでもあり にもほどがある。


何も知らずに
おいしそうにお水を飲んでいるお客さまを見ると
申し訳なくて。

しかも、氷はホール係が汚い手で手づかみ。

ありえませんね。


3番めに書いた
「落としたのにそのまま使う」というのは
先日、ランチタイムがとても忙しくて
みんな本当にバタバタしている中で、私が目撃したものです。

ホール係の男性社員がそれをやってのけました。

信じられますか?

え、そんなの普通? 特に問題にすることでもない?
私の感覚が変なのかしら?(笑)


ま、いいや。

そのお水、私は絶対飲まないしー(笑)

手術してからもうすぐ1ヶ月。

4ヶ所メスを入れたので
その部分が時々痛むけど、だいじょうぶです。


実は手術前日くらいはちょっとびびってました。

でも当日になると、なぜだか少しワクワクして。
手術中もけっこう楽しかったりして(笑)


Tシャツに短パン姿で手術台の上にうつぶせになると
左腕には血圧計、右手の人差し指には脈拍計をつけられて。
それから右腕には点滴。
心電図をはかるようなものも、背中につけられたような。

脚の後ろの面に消毒液をペタペタと塗られて
窓の開いた布をかぶせられると
いよいよ手術らしくなってきて、ドキドキわくわく。


麻酔の注射は少し痛かったけど、
それがよく効いたらしく
メスを入れる痛みなどはまったく無くて
(あったら困るわー!)

手術室にはラジカセが置いてあり
小さな音量でJPOPが流れる中、手術は順調におこなわれました。


で、終わって
消毒液を拭き取ってもらい、包帯を巻いたら

「さぁ、ゆっくり起き上がってベッドから降りてください」

って。

まーびっくり(笑)
すぐ立つんですか!!! みたいな。

でも脚には麻酔が効いてるやん?
それで立って歩けるの???
って思ったら…

なんのしびれも無く、普通に立てたし
歩けました。びっくり。

すごいぞ、この麻酔!みたいな(笑)



それで、手術前に
「抜き取った血管を見せてほしい」
とお願いをしてあったので、見せてもらいました。


「あ、そこにありますよ」 と、先生。

「え??? これですか? これだけですか?」 と、私。


だって、こんなんだって全然想像つかなかったんですもん。



まるでゴムチューブ… もしくは犬用のチューインガム(笑)

画像をクリックしたら大きくなるので
気持ち悪いから見たくない人はクリックしないでね(笑)




自分の血管なんて、初めて見ました。

もっとグニュグニュと曲がって
色もどす黒くて、キタナーイ感じのものを想像してたけど
ただのゴムチューブみたいで拍子抜け。

先生にも
「血液が通ってない状態だからそんなもんですよ」
って笑われました。

そっか、それもそうだ。


しかし

私はこんなモノに苦しめられていたのかー!
と思うと、なんだか悔しくて笑えました。

もっと、おどろおどろしくて
グニュグニュした気持ち悪いのが出てきてほしかったー(笑)

今日、バイト先のお店に
フランス人のグループがいらっしゃいました。

しかもみなさん日本語は全くできない。


フランス語の響きが好きで
昔ほ~~~~~~~~んの少しだけ勉強をしたことがある私。
なにか気の利いた言葉をかけられないかと
一生懸命思い出してみるんですが、
まー! ほんとに、
使えそうな言葉は全然出てきません


やっぱこれしかないか…と
お料理を運んだあと
「Bon Appetit
っていってみました。

するとそのお客さま、とってもうれしそうに
「Merci
って答えてくださいました。

しかも隣に座っていた女性に
「この人いまボナペティっていったわよ
的なことをおっしゃって…
隣の女性もまた、笑顔で「Merci!」って。



やった

ほんの一言だけど、
こちらがフランス語を話したことですごく喜んでもらえて
私もとっても嬉しかったです。

ちなみに、ボナペティとは
「どうぞたくさん召し上がれ」みたいな意味なので
日本語で一番ピッタリくる表現に置き換えると
「ごゆっくりどうぞ」でしょうか?




でも…
それしか出てこないことが歯痒くて

お帰りになる際には、
「Have a nice day!」的なことがフランス語でいえたらなー
って思ったけど、まったく思い出せない…
(そんな言い回しを習ったかどうかもわからない



あーあ。

そんなときはまた、帰りに本屋さんに寄ってしまうのです。
もちろん今日は真っ先に語学本コーナーへ。







やだー

買っちゃったよ(笑)

学校の勉強は大嫌いだったのになー(笑)

「目からウロコの」ってところに
惹かれてしまいましたよ。

フランス語の本なんて、過去にもいろいろ買ってるのに…
あわわわわ。


ま、ちょっと
ほんとに目からウロコなのか

試しに読んでみますわ。






中華料理屋でフランス語必要ないしー!

って、誰かつっこんでー(笑)

バイト先のお店に最近入った
中国系女子のHさん

初出勤の日、店長から
「お冷やのグラスに氷を入れといて」
と頼まれると、

右手に氷用のスコップ、左手にグラスを持ち
ひとつひとつ丁寧に
スコップを使って氷を入れていました。

それを見た私は
「あー ちゃんと普通の感覚を持ってる人でよかった」
と思ったものです。



そんなHさん

今日は氷を 手づかみ してグラスに入れていました。

この絵描くのむずかしかったー(笑)

アイスボックスに手をつっこむと
氷を ぐわっし と2~3個つかんでは
グラスにぽいぽいっと。

スコップ、誰も使っていなくて
空いてるのに。



あーあ。

やっぱりそうなっちゃいましたか。


でもみんなやってるもんね。
それでいいんだ って思うのも無理はないです。

基本、うちの店の人は
自分の手はきれい って思ってますしね。


他の人がやっている以上
もうそれを正すのは無理でしょう。


それでも一応
「本当はそういうやり方は良くないんだよ」って
教えてあげたくて、声をかけました。

「それ(スコップを指して) 使わないの?」

あくまでも、やんわりと。

中国人は自分の上司以外から注意されたりするのが
嫌いですからね。

するとHさんは

「コノホウガ ハヤイ」

といって笑いました。


「でもあんまりキレイじゃないよー(笑)」

と、またあくまでもやんわりと諭す私。

するとHさん

「ダイジョブ!ワタシ飲マナイカラ!」

といって、エヘヘと笑いました。






軽くショックを受けながらも

「そういう考え方なのー?」

といって、私も笑ってあげました。



おしまい。





教訓

飲食店の氷はきれいだと思うな!

18日(日)は
スティールパンのイベントがありました。

楽しいイベントでしたよん♪



スティールパンを演奏するって
むずかしい




そう、あらためて考えてしまいました。






最近、やたらと眠いです。
朝ぜんぜん起きられません。

なので、
たぶん7月に入ってからは
朝練もまったくやっていません。


ダメダメ路線まっしぐらですよー

昨日、バイト先のお店(中華料理屋)に
ベビーカーに乗せた子どもをつれた若いお母さんと
さらにそのお母さんらしき人(以下、勝手におばあちゃまとします)
という3人連れのお客さまが来られました。

※画像はまったくもって完全にイメージです(笑)


わたくし、残念ながら子どもを産んで育てた経験もなければ
保育士の勉強をしたこともないので、
小さな子ども(というか赤ちゃん?)を見たところで
月齢も年齢もぜんぜん検討がつきません。

またどれくらいになれば、
ストローで液体を吸って飲むことができるか
なんていうのもよくわかりません。

要するに、お店にいらしたお客さまに最初に出すお水
それをお子さまの分まで持っていくかどうか、
っていう話なんですが…


見た目、モロに赤ちゃん!だったら
赤ちゃんの分のお水は出しません。

しかし、それよりもう少し成長して
もしかしたらストローでお水も飲んじゃう?って
思えてしまうようなお子さまの場合
一応お客さまに聞いてみることにしています。

私が「まだ飲めないよね?」って思うような子でも
聞いてみると意外に飲めたりもしますし…

ほんと、よくわからなくて。




それで、冒頭に書いたお客さまの話です。

私が「お子さまはお水はお飲みになれますか?」
と聞いたところ

ニコッと笑って「だいじょうぶです」
と答えてくださいました。

なので私もニコッと笑って
「はい!」と返事をし、
背中を向けて歩きかけて…


ちょっと待ておいー!


その「だいじょうぶ」は、

「はい、お水は飲めますよ、だいじょうぶですよ」 なのか

「いいえ、お水は飲めませんから
 用意してくれなくてもだいじょうぶですよ」
なのか

どっちやねーん!
その答え方、まぎらわしくてあかんやろ(笑)



くるりと振り返り

「あのー 今の だいじょうぶ は…」

までいったところで、相手も察してくれたらしく

「あ、お水は飲めませんから結構です

と答えてくれました。


そっちやったんかい…(笑)


おばあちゃまが
「ほら、ちゃんとハッキリ答えなきゃダメじゃない」
的なことをいって笑っているのを背中で感じながら
その場を離れました。







「だいじょうぶです」

この言い方、最近多いですよね。
しかも、ほとんどの場合で「断る」ときに使われますね。

ハッキリと「要りません」とか「結構です」とかいうより
柔らかい感じがするから好まれるのかな。

曖昧という意味では「結構です」もそうなんだけど
私、この 「だいじょうぶです」

あまり好きではありませぬ。



たとえば

レジでお会計をして
「レシートがございます…」というと

「だいじょうぶです」

…って。


なにがやねん!

っていいたくなるけど
えぇ、わかりますよ。いってる意味は。


この「だいじょうぶです」というのは

「レシートは要らないので、いただかなくてもだいじょうぶです」

と、長々答えるところをほとんど省略して
最後の「だいじょうぶです」だけをいってるんですねぇ。

わかるけど。

というか、いってる本人はそんなこと考えてなくて
こういうときは「だいじょうぶです」といえばいいんだ
って思ってるだけの可能性のほうが高いですよね、きっと。



「だいじょうぶです」


やっぱりなんか違和感ある。その使い方。
私は好きではありませぬー!!!

食べてみたい?(笑)


いつも同じ時間にバイトに入っている
中国系女子Aさんはいいました。


私、普段は便秘気味だからね
2日くらい出なくて苦しくなったら
わざと(まかないで)餃子を食べることにしてるの。

そしたら一発よー!
すっごい効くよー!



1個食べたら即、下痢するそうです。

どうです?
食べてみたいでしょ(笑)


 
 
最近の私は
惰性でスティールパンをやってる
そんな気がします。

あまりいろいろなことを
考えなくなってる。
 
いけませんなぁ…
 
 
 
 
 
写真は、まったく関係ないですが

日曜日のライブで着けたピアス。
カラフルでしょ♪

緊張しない 平常心を保っていられる

ということがあらためてわかった日曜日の午後
スティールパンのライブがありました。

画像はイメージです(笑)


8曲演奏しました。

ちょっと振り返ってみよう。

以下、すべて私個人についてのことであり
バンド全体の出来をいうものではありません。

打率というのは私が勝手に使ってる表現で、
まぁどれだけ正確に叩けたかという割合ですね。

でも
実際に何小節あったうちの何小節叩けなかったから何割
とかいう計算ではなく、単純に私の感覚です(笑)




1曲め

打率9割5分
これはまぁまぁ満足の出来かな
リハではボロボロだったのが、奇跡的に本番で成功
本番で1曲ほとんどまちがえずに叩けたなんて
これが初めてじゃないかなぁ。ホントに奇跡だ!


2曲め

打率7割
本番のテンポが速くなりすぎちゃってイントロ撃沈
途中抜けてしまった音多数
エアパン万歳
楽しかったからいいんだけど(笑)


3曲め

打率6割
イントロの第一音めをカスる ⇒ カッコ悪い
途中ワケがわからなくなり叩けなかったところ多数
先日ブログに書いていた不思議フレーズ も1回めは撃沈
リピートした2回めはなんとかできたけど…
ちょー悔しい!


4曲め

打率8割
左手を 振りたいために右手のみで叩いて
いっぱい音を外してしまったけど、そこはまぁノーカウントで


5曲め

打率7割
あっちもこっちも叩けなかった
この曲はやっぱりあまり好きじゃないなー


6曲め

打率6割
一番最後のセクションがなんだったかを
すっかり忘れてしまい、しばらく手が宙をさまよう…
瞬間記憶喪失なりけり


7曲め

打率5割
イントロの超基本的なクロマチックがわからなくなるという
意味不明なテンパりから始まって、最悪の出来でした


8曲め

打率9割8分
全然練習してなかったけど
前からずっとやってる曲なので、まぁノリで楽しくできたかなと




ほとんど緊張はしていなかったのに
やはり平常心は保っていられなかった。
ステージって恐ろしい。

いやそうじゃない。
そうじゃなくって、
私の精神力が弱いのですよ。


7曲めのときにお隣で叩いてたPちゃんは
完璧に叩けていたよ。
あっぱれ!




本番に強くなりたい

なんて、前にも書いたなー
ライブが終わるごとにいってるなー

わはは… はは… は… っ…




そんなわけで
私自身は、 しょぼ~~~~~ん な出来でしたが
でもライブ自体は楽しかったですよー

包帯でぐるぐる巻きにされた

なんて書いてましたが、
その状態だったのは手術当日のみ。

翌朝、自分で包帯をはずし
(包帯とるとき、怖かったー
その代わりに 弾性ストッキング と呼ばれる
むくみ防止用のサポートソックスの 強力版みたいな
医療用のハイソックスをはいております。

夏場にこんなものを身につけるのは暑いとわかっていて、あえてこの時期に手術を受けてしまった私…

これ、はいておかなきゃダメなんだって。


昔、おばちゃんがよく
こういう肌色の膝丈ストッキングとかいうのを
はいてたよねー(笑)


もっと暑くなったら
片脚だけ、こんなのつけて
短パンはいちゃうかも。

かっちょわるー! って思っても、見逃してね(笑)


 
 
 
ツイッターなら

「手術帰りなう」

とでも書いてるところでしょうか(笑)
 
 
 
左脚から
血管を抜き取る手術を
受けてきました。

膝下から足首まで
包帯でぐるぐる巻きです。

手術したのに
そのまま自分で歩いて帰れるなんて
医学は進歩してますねぇ。
 
 
そして久しぶりに
スカートをはいたのでした。
えへへ。
 
それだけ。

残念ながら亡くなってしまった
パク・ヨンハさんと

似てると思って並べてみると、そんなに似てないのである(笑)








最近CMでも活躍中の
石川遼くんって

昨日、プロゴルファーを目指す子どもたちが入る塾というのをテレビで見ました



似てるよね?




え、似てない?(笑)

先週末

たまたまランチを食べに入ったマクドがですね

おいしいよ♪レタスがぼろぼろこぼれ落ちたけど(笑)

なんと、土日の2回にわたって同じものを食べてしまったー(笑)

7月2日から発売のこちらの新商品を
先行発売していまして

一足お先にいただいてきました。


ん~

私好みのお味でした。
おいしかった。

これ、定番になればいいのに。




関係ないけど
応対してくれたレジのお姉さんが

知り合いのパンマン(スティールパン奏者)に
そっくりだったのがツボでした(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。